妊娠中の便秘、薬じゃなく自然にスッキリしたい!
お腹の赤ちゃんのためにも、安全な対策をしませんか?
日本一売れている!自信があるから返金保証付き!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓

【妊娠 6ヶ月】転んだ(尻もち・転倒)時は注意!赤ちゃんへの影響は?

 

 

妊娠 6ヶ月にもなると、お腹が大きくなってきて動きづらくなってきますよね。

 

そのため、問題となるのが「転倒しやすくなる」という点。

 

バランスを崩したり、足がもつれたりすると、普通では転ばないはずでも、お腹が大きいために転んでしまい、お腹を打ったり、尻もちをついてしまい体に衝撃をあたえてしまうことがあります。

 

 

もし、転倒してお腹を打ったり体に衝撃を与えてしまったら、すぐに病院で診てもらうようにしましょう!

 

 

その時は胎動を感じたから問題ないかな、と思っても、衝撃により胎盤が傷ついたり、胎盤が剥がれるなどにより、胎児に酸素が届かないなどの影響が出て、最悪の結果になる場合もあります。

 

 

ですので、自己判断はせずに必ず「すぐに病院で診てもらう」ようにしましょう!

 

 

ちゃんと診てもらえば安心できますよ。

 

不安なままでいるとストレスになり、自分も辛いだけです。

 

 

また、転倒しないように注意することも大切!

 

お腹は妊娠後期にかけてさらに大きくなり、より動きづらくなります。

 

無理な動きをしないように日頃から注意してくださいね。

 

 

 

妊娠中の便秘、薬じゃなく自然にスッキリしたい!
お腹の赤ちゃんのためにも、安全な対策をしませんか?
日本一売れている!自信があるから返金保証付き!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓