妊娠中の便秘、薬じゃなく自然にスッキリしたい!
お腹の赤ちゃんのためにも、安全な対策をしませんか?
日本一売れている!自信があるから返金保証付き!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓

注意!妊娠 6ヶ月の精神的ストレスの原因と対処方法とは?

 

妊婦さんに注意してほしいことの1つに「精神的ストレス」があります。

 

妊娠すると「プロゲステロン」と「エストロゲン」というホルモンがたくさん分泌されるようになることで、ホルモンバランスが乱れてしまうために、気分の変化も激しくなります。

 

そのため、様々なことがストレスに感じやすくなっているんです。

 

 

妊娠 6ヶ月以降は、赤ちゃんもどんどんと成長してきて、お腹も大きくなってきます。

 

そうなると、動きも不自由になるので、イライラしてしまうこともあります。

 

また、初妊婦さんは、食事、生活をどのように注意していくのか、また体調の変化も気になり、それがストレスになることもあります。

 

 

さらに、これからの出産への不安、出産後の育児などを考えて不安になると、それもストレスの原因になってしまいます。

 

 

でも、現在感じているストレスは、その都度対応していくしかありません。

 

 

例えば、お腹が大きくなるにつれて動きづらくなると、家事なども大変ば場面が出てきて、ストレスになることもあるかと思います。

 

ただ、それは妊婦さんなら誰でも通る道です。

 

 

あなただけが悩んでいることではありません。

 

どのように動けばお腹に負担なく動けるかなどは「慣れる」ことが大切です。

 

日々の生活の中で、どう動くのが楽なのか、少しづつ身につけていけば大丈夫です。

 

どうしても大変な時は、無理せず旦那さんやご家族に手伝ってもらえるといいですね。

 

※⇒妊娠 6ヶ月の体の変化と精神的ストレスについてはこちら

 

 

 

また、体調の異常については、まずは医師に診てもらうようにしましょう。

 

自己判断で薬を飲んだり、そのまま様子をみるというのは危険です。

 

病院に行くのがめんどくさいこともあるかと思いますが、不安でストレスを感じているより、すぐに診てもらって安心できたほうがいいと思います。

 

 

そして「これからの出産・育児への不安とストレス」です。

 

これについては「まだ先のこと」ですよね。

 

先のことは「今のこと」ではありません。

 

もちろん、先のことについて考え、計画を立て、心構えをすることは大切ですが、考えすぎてもこの先どうなるかはわかりません。

 

ストレスに敏感な方は、余計に考えすぎてしまっていませんか?

 

 

あるのは「今」です。

 

先のことに不安を感じている方は、「今」のことだけを感じて、リラックスしてみてはいかがでしょうか?

 

「心配ごとのほとんどは起こらない」という言葉もあります。

 

心配性でストレスを感じやすい方は特に注意してください。

 

 

未来は「思考」が作っています。

 

「こうなるのでは・・・」という思考が生み出しているもので、現実に起きているわけではありません。

 

 

お腹の赤ちゃんを感じて下さい。

 

お腹に赤ちゃんがいて、成長している奇跡を実感してください。

 

10分でも15分でもかまいません。

 

赤ちゃんといっしょに、「今」にリラックスしましょう。

 

 

妊娠によるストレスは誰にでもあるものです。

 

ストレスを感じることがあってもあまり深刻にならず、

 

他の信頼できる人に悩みを相談する
ウォーキングなど適度な運動をする
リラックスできる音楽を聴く

 

など、自分でできるストレス解消もしていくといいですね。

 

 

 

妊娠中の便秘、薬じゃなく自然にスッキリしたい!
お腹の赤ちゃんのためにも、安全な対策をしませんか?
日本一売れている!自信があるから返金保証付き!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓