妊娠中の便秘、薬じゃなく自然にスッキリしたい!
お腹の赤ちゃんのためにも、安全な対策をしませんか?
日本一売れている!自信があるから返金保証付き!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓

妊娠 6ヶ月でのお腹の張り・腹痛に注意!異常のサインは?

 

 

妊娠 6ヶ月の妊婦さんでも感じる症状としてあるのが「お腹の張り」です。

 

お腹の張りは妊婦さんならよくある症状で、安静にしていればいいんですが、お腹の張りが頻繁だったり、いつもとは違う痛み・腹痛などが起こったら要注意のサインです。

 

いつものお腹の張りとは違う症状がでたら、すぐに病院で診察を受けるようにしましょう。

 

お腹の張りを頻繁に感じるようになって、それを放置していたら突然激しい張りと腹痛になり「卵巣嚢種」「切迫早産」「常位胎盤早期剥離」などが起こってしまうことがあります。

 

ですので、いつもと違うお腹の張り・痛みの症状がでたら、すぐに病院で診てもらって下さい。

 

 

また、妊娠6ヶ月でのお腹の張りの原因は、下記のようなものがあります。

 

【あまり心配しなくてよいお腹張りの原因】

・生理的な子宮収縮
・子宮筋腫
・子宮内膜症の癒着
・便秘

 

 

【注意したいお腹張りの原因】
・切迫流産
・切迫早産
・卵巣嚢種のねじれ
・常位胎盤早期剥離

 

お腹の張りや、軽いお腹の痛みは生理的なことが原因で起こることが多いので心配はいりません。

 

ただ、頻繁にお腹が張ったり、安静にしていてもお腹の張りが治らない、また激しいお腹の痛み、そして出血がある場合は、すぐに病院へ行くように注意してくださいね。

 

 

 

妊娠中の便秘、薬じゃなく自然にスッキリしたい!
お腹の赤ちゃんのためにも、安全な対策をしませんか?
日本一売れている!自信があるから返金保証付き!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓